2008年12月3日水曜日

学会の楽しみ

週末は待ちに待った「第35回 日本股関節学会」。
 
先ほど、加藤先生よりメールを頂きました。
金曜日の夜、食事をしようと。
永井聡先生と一緒に。
 
日本を代表する「股関節疾患患者に対する理学療法」分野の
研究者、臨床家の超一流の先生方です。
きっと、あと数名の先生方も参加されるのだと思います。
 
そんな先生方を一緒に食事をできるって、
本当にありがたいです。
 
学会は最新の情報を得る場所であることはもちろんです。
学会の情報は概ね6ヶ月前に得られた情報です。
学会にエントリーした後に、
臨床経験や関連知識が積み重なって行くものだと思います。
そう考えると、
学会の楽しみとは・・・・・・
そうです。
夜の部なのです!!
 
おいしいお酒と料理。
そこに理学療法の話が加わると・・・・
学会発表だけでは、
その方がどのような思いを抱いているのか、
未熟な私にはまだまだつかめません。
でも、プライベートな場でお話させていただくと、
いろんな事が分かります。
  
今から考えるだけでも楽しみです。
土曜日は発表もありますが、
金曜の夜を楽しみたいと思います。
 
そうそう。
1つ心配事があります。
学会エントリーの際に、
違う抄録で登録したような気がするのです。
手元に学会の抄録がないので確認できませんが。
 
相変わらず、
詰めが甘いなぁ~。

 

2 件のコメント:

ゆなる さんのコメント...

そのメンバー超超超豪華ですね!!
ズーミンさんもその域に達しているんじゃないですか!?

学会のときの食事会というより飲み会はとても楽しいですよね。
そんなに経験したわけじゃないですが凄く楽しいですよね。

最近は理学療法のことあんまり飲み会で話さないな~

同僚と飲んだら説教になりそうですもん(笑)

zuming さんのコメント...

呑み会のときって、
情緒不安定だったり、
不満を抱えていたりしたら
失敗することが多いですよねぇ~。

酒が入ると、
心の奥底に隠していたことを
ズバズバ言ってしまいますから・・・・

私は最近、
精神状態が不安定なときは
呑みに行かないようにしていますよ(苦笑)。